お問合せ・ご相談はお気軽に

03-6912-0767

豊島区巣鴨1-30-2 ハイツサンアベニュー2F

よくある質問

よくある質問

患者様からよく頂くご質問とその回答内容をまとめました。受診の際の参考にして頂ければ幸いです。

どんな症状があったら泌尿器科を受診すれば良いのですか?
排尿に関するすべての症状が対象になります。
尿が出づらい、尿が近い、夜間おしっこに起きるようになった、尿がもれる、血尿がでた、尿するときに痛い、腰部の痛み、風邪症状のない発熱、その他ED(勃起障害)などの治療や検査も致しますので、お気軽にご相談下さい。
症状が無ければ泌尿器科にかかる必要はありませんか?
最近前立腺がんが増えていますので、特に50歳以上の男性は、何の症状がなくても一度泌尿器科の検査を受けることをお勧め致します。
泌尿器科を受診することにためらいがあります・・・
泌尿器科は、主として尿路(尿を作る腎臓や尿を貯めて出す膀胱など)を診療する分野で、尿を検査することはありますが、婦人科の内診のような検査は行いません。
受診された患者様の多くが「余計な心配をしていました」と話されておりますので、どうぞ安心してご来院下さい。
泌尿器科の検査にはどのようなものがありますか?
まず、必ず行なうのが尿検査です。尿路というくらいですから、多くの重要な情報を教えてくれる大事な検査です。
その他、超音波断層検査(エコー)、レントゲン検査、膀胱尿道ファイバースコープ(軟性鏡なので痛みを伴いません。安心下さい)などがあります。
夜中に何回もおしっこに行くようになりました。歳のせいでしょうか?
加齢によることもありますが、その他の因子が加わったことが多いように見受けます。
前立腺癌も同様の場合がございますので、そのように感じられたら、一度泌尿器科を受診されることをお勧め致します。
突然おしっこがしたくなったり、我慢できずにもらしてしまうことがあるのですが・・・
それは、過活動膀胱が考えられます。非常に辛くてなかなか人に相談できない方が多いようです。
厄介な症状ですが薬物治療がなかなかの成績をあげてます。
おしっこに血が混ざるのですが・・・
目で見て赤いおしっこを「肉眼的血尿」と言います。「肉眼的血尿」が出た時には、とにかく泌尿器科を受診して下さい。
「おしっこしても痛くないから」とか、「自然に止まってしまったから」などの理由で受診されない方もみえますが、結石、がんなど、早く治療しないといけない病気が、隠れている可能性が高いので、一刻も早く受診されることをお勧め致します。
子供のおねしょが治りません、治療方法はありますか?
5歳でも20%程度に、おねしょ=夜尿症があると言われていますが、可能なら、この頃より治療を始めたら良いと思います。
EDの検査は何をするのでしょう?
当院では、日本性機能学会のガイドラインを重視し、問診にて必要と思われる検査を負担のないように行ないます。
尚、問診では服用中の薬を必ず確認しますので、お薬手帳があればご持参下さい。